スポンサーリンク

2019 J1 第5節 J2 第6節

J1 第5節
横浜FM 0 – 0 鳥栖
  仙台 0 – 2 C大阪
  浦和 1 – 1 FC東京
 名古屋 4 – 0 札幌
  磐田 1 – 1 鹿島
 G大阪 3 – 4 神戸
  大分 0 – 1 広島
  松本 0 – 2 川崎F
  清水 1 – 3 湘南

J2 第6節
  福岡 0 – 1 千葉
  栃木 0 – 0 山形
 東京V 2 – 0 柏
  町田 1 – 0 愛媛
  金沢 1 – 0 横浜FC
  岡山 1 – 1 甲府
  徳島 1 – 0 新潟
  水戸 1 – 0 鹿児島
  岐阜 1 – 1 京都
  琉球 2 – 2 山口

2019 J2 第5節

2019 J2 第5節 首位変わらず。

  大宮 1 – 1 水戸
横浜FC 2 – 0 岐阜
  甲府 1 – 1 金沢
  新潟 0 – 1 福岡
   柏 0 – 1 岡山
  愛媛 0 – 1 長崎
 鹿児島 0 – 1 町田
  山形 1 – 1 琉球
  千葉 1 – 1 京都
  徳島 1 – 1 東京V
  山口 0 – 1 栃木

processing minim のプログラムサンプル2

minim のサンプルの前に作ったのをあげます。

音源は前回同様に下記リンクより使用させていただきました。

processing minim のプログラムサンプル

プログラムの案をメモとして残します。

minim は音楽ライブラリーです。
これを利用して音と連動させて、描画のステップをさせようと思います。

  案の内容

❶、FFTした波形を閾値を利用して描画する。
❷、閾値が低い→高いに切り替わる際に描画。
❸、❷を実現するためにステートマシンを利用して状態を記録する。

波形との対応は下記図のように考えました。
理想なので、実際には、離散化することによるズレがあると思います。あくまでイメージ。

ステートマシンは前の記事で作った下記図です。高い場合は高い場合の状態を維持して、低い場合は低い場合の状態を維持する。

サンプルコード

サンプル実行例。(実行環境mac OS X: soundflowerを使用。バーチャルケーブルを使用すると実行できると思います。)

音源は下記リンクより使用させていただきました。

written by gatamix

バーチャルケーブルについては過去記事を参照ください。

Mac:soundflowerのインストールについて

windows:Voice Meeter Bananaのインストールについて

–スポンサーリンク–
お気に入り!! Classic!!
How I Got Over / The Root

itunes

amazon

2019 J1順位表 2節

2019のJ1の順位表を作ってみました。

名古屋が以前として首位。

2019 1節と2節のDAZN選定スーパーゴールも合わせてのせます。

スポンサーリンク