スポンサーリンク

環境変数PATHを設定する

MacやLinux(Raspberry Pi)の環境変数のPATHを設定します。
これにより設定したPATHのディレクトリーを指定しないで実行できるようになります。

  環境変数PATHを表示
環境変数PATHを表示します。
$printenv PATH

  環境変数PATHに追加
一時的に追加
$export PATH=”$PATH:追加するPATH
毎回PATHを通したい場合
.bashrc  または  .bash_profile に
export PATH=”$PATH:追加するPATH
を追加する。
$sudo vi .bashrc
または、
$sudo vi .bash_profile
再起動して設定を再度読み込ませる
.bashrc の場合
$source .bashrc
.bash_profileの場合
$source .bash_profile

  メモ
.bashrc と .bash_profile
は、起動時に読み込むとログイン時に読み込みに違いです。

sourceコマンドについて、sourceコマンドは開いた環境で実行するので、即座に環境変数の変更が有効になるらしい。リンク先参照。

ルノアール
環境変数はプログラムの実行環境の構築の際になどに使うよ
ガタ
筆者もwindowsで環境変数の設定ができなくて挫折した経験があるよ

  関連リンク
コマンドのPATHの調べかたについて書きました。

written by gatamix

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク