processing minim のプログラムサンプル2

minim のサンプルの前に作ったのをあげます。

音源は前回同様に下記リンクより使用させていただきました。

processing minim のプログラムサンプル

プログラムの案をメモとして残します。

minim は音楽ライブラリーです。
これを利用して音と連動させて、描画のステップをさせようと思います。

  案の内容

❶、FFTした波形を閾値を利用して描画する。
❷、閾値が低い→高いに切り替わる際に描画。
❸、❷を実現するためにステートマシンを利用して状態を記録する。

波形との対応は下記図のように考えました。
理想なので、実際には、離散化することによるズレがあると思います。あくまでイメージ。

ステートマシンは前の記事で作った下記図です。高い場合は高い場合の状態を維持して、低い場合は低い場合の状態を維持する。

サンプルコード

サンプル実行例。(実行環境mac OS X: soundflowerを使用。バーチャルケーブルを使用すると実行できると思います。)

音源は下記リンクより使用させていただきました。

written by gatamix

バーチャルケーブルについては過去記事を参照ください。

Mac:soundflowerのインストールについて

windows:Voice Meeter Bananaのインストールについて

–スポンサーリンク–
お気に入り!! Classic!!
How I Got Over / The Root

itunes

amazon

Jupyter notebook でprocessing を起動する

タイトルにある通りJupyter notebook でprocessing を起動します。

環境Mac book air(Mac OS X 10.13.6 High Sierra)

❶calysto_processingでカーネルをインストールします。

pip3 install –upgrade calysto_processing –user
python3 -m calysto_processing install –user

❷Processing をダウンロードする。
事前に済み。

❸Tools menuからprocessing_javaダウンロード
タイトルに表記の通り、実行。

❹実行
実行!!

❺メモ
Jupyter lab では、javascriptのエラーで実行できず。調べてみたが解決方法がわからなかった。
minimが動かない!!使用目的の用途に使えなかった。

❻ipyp5でp5.jsをjupyterで!

$ pip install ipyp5

BaseMap

  インストール

$ brew install geos

$ crul -O https://jaist.dl.sourceforge.net/project/matplotlib/matplotlib-toolkits/basemap-1.0.7/basemap-1.0.7.tar.gz

解凍して、ディレクトリーを移動してsetup.pyを実行する。

$python setup.py install

参考

basemapのfillcontinentsエラー対処❶
AttributeError: ‘AxesSubplot’ object has no attribute ‘get_axis_bgcolor’
1767行目付近のaxixbgc = ax.get_axis_bgcolor()を
axisbgc = ax.get_fc()
に変更する。

basemapのmaskoceansエラー対処❷
TypeError: ‘float’ object cannot be interpreted as an integer
リンク先に以下の内容が書いてあったので実行した。

Between line 5125 and 5130, find “nlats = nlons/2” and change it to “nlats = nlons//2”.

/site-packages/mpl_toolkits/basemap/init.py
の nlons/2 を nlons//2に変更する。

エラーの原因はpython3を使用していることとmatplotlibのバージョンが原因と思われる。

Mac pythonにpipをインストールする。

需要があるかわかりませんがメモ。
最初からMacに入っているpythonにpipをいれます。

$ curl -kL https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py | python2.7

$ pip2.7 install ipython

シンボリックリンクの作成。他にpyenvを使用しているのでipython2.7にした。
$ ln -s /usr/local/bin/ipython /usr/local/bin/ipython2.7

jupyterも使えるようにする。
$ pip2.7 install jupyter

参考


python-gantt でGantt chartをつくる

python-gantt でGantt chart(ガンチャート)をつくります。

  インストール

$pip install python-gantt
参照コードは下記のexample.pyです。

フォントや色を変えるといい感じになります。出力はsvgでされるため、ドローソフトでの加工もできます。

公式の方法では、ないと思いますが、メモ。
休日のデフォルトは土日になっています。この分が工数にカウントされないようになっています。
モジュールganttの中のgantt.py のdef define_not_worked_daysの上で定義されている
NOT_WORKED_DAYS = [5,6]
の値を変更することによって休日の変更ができます。
Unworked days (0: Monday … 6: Sunday)
7にすると休日がなくすことができた。

written by gatamix

お気に入り!! Classic!!
Operation: Doomsday /MF Doom

itunes

amazon

celeron MのPCをlinuxにする(4) inkscape and graphviz

環境構築のメモです。主にapt-getでインストールします。
Os:linux ubuntu mate

inkscape と graphviz を入れます。

  inkscape


$sudo apt-get install inkscape

  graphviz

$sudo apt-get install graphviz 

written by gatamix

–スポンサーリンク–
お気に入り!! Classic!!
理由 / K DUB SHINE

itunes

amazon

plantUML と pylint(pyreverse)のインストール

graphvizで作図できる他のツールをインストールしておきます。
UMLを作成できるplantUML と pythonのプログラムから自動でUMLを作成できるpyreverseをインストールします。

  plantUML

参考

❶導入の参考

❷色々なグラフの作り方

brewでインストールします。
まず、javaがインストールされていなければインストールする。

$brew cask install java

plantUMLのインストール

$brew install plantuml

❶を参考にUMLファイルを作成する。
$vi architecture.uml
$plantuml architecture.uml

  pyreverse

$pip install pylint
$pyreverse -o png -p Pyreverse pylint/pyreverse/
pyreverse -o 画像形式 -p 対象のパス –参考❸

数が描画の数が多くなるとSVGでないと見るのが大変だった。

❸Pyreverse : UML Diagrams for Python

written by gatamix

–スポンサーリンク–
Classic!! 色々と問題作!!
Black Bastards /K.M.D.

itunes

amazon

python でgraphviz を利用する。

GraphvizはDOT言語を利用したグラフ(状態図やフローチャート)を作成するツールです。
html 形式で表も作成できるようなのでpythonからできるか後で試そうと思います。

環境 Mac OS X(10.13.6) High Sierra

  インストール

$brew install graphviz
$pip install graphviz


ステートマシンの状態図です。

このステートマシンは後から使います。

追記 

  graphvizのwindowsのインストール

環境 windows10
chocolateyでのインストール
事前にchocolateyをインストールしておく。
choco install graphviz

written by gatamix

–スポンサーリンク–
お気に入り!! Classic!! 🎤🎤🎤🎤🎤
The Infamous / Mobb Deep

itunes

amazon

celeron MのPCをlinuxにする(2) fontを追加する。

ubuntu Mate の続きです。
フォントを入れます。
matplotlibでnoto sans cjk jp使うため、ダウンロードします。
元から入っているのは、認識しないので、otfをダウンロードします。
/usr/share/matplotlib/mpl-data/fonts/ttfにフォントをいれます。
$sudo cp -i フォントのpath/*.otf /usr/share/matplotlib/mpl-data/fonts/ttf
$sudo chmod +r /usr/share/matplotlib/mpl-data/fonts/ttf/*.otf

~/.cache/matplotlib/
のファイルフォルダーを削除

times new romanがない場合は、
$sudo apt-get install msttcorefonts -qq
でインストール。実行するための承諾はカーソルキーを横を押すと選択できた。

~/.cache/matplotlib/
のファイルフォルダーを削除

参考

written by gatamix

–スポンサーリンク–
お気に入り!! Classic!!
PAN RHYTHM:Flight No.11154 / Muro

amazon