面実装MosのDIP化を試みた

Raspberry Pi でMOS FET を 使うため面実装品をDIP化を行いました。
諸事情によりまとめ直しました。
(1回目のMOSは壊れていませんでした。)
半田づけ
部品
・面実装MOS(SSM6N7002BFU) 写真左
・SOT23変換基板 金フラッシュ 写真中
(USBフラッシュメモリーはサイズ比較のためのせました。)
・基板用リードフレーム
これらを半田づけしてDIP化します。

半田づけが難しく失敗多数。
(半田を盛りすぎてMOSのピンがショートしてしまった。)
付属のこて先で6個中成功した1個。BC型に変更した作業がやりやすくなりました。
半田づけ後

②動作確認
下の回路図で確認を行った。

・動作確認
電圧はRaspberry PI の3.3V、5V をゲートソース間(VGS)、ドレインソース間(VDS)に印加しました。
最初ゲートとソース間の10KΩの抵抗をつけ忘れたため動作しないというミスをしました。OFFの時にゲートを0Vに固定しないと耐圧が出ないのが原因と思われます。
抵抗設置後、無事にオン・オフの確認ができました。

written by gatamix

ラズパイ(18) スイッチでLEDの点灯を制御する

今回はLEDをスイッチで制御します。
LED点灯をRaspberry Piで制御します。
回路図は以下。タクトスイッチと抵抗(300Ω)を追加しています。
300Ωの抵抗はなくてもいいようです。


Python で制御するプログラムを書きます。
点灯状態を変数Stateに格納して、
スイッチを押すたびに点滅が入れ替わる
プログラムです。
念のため、動作確認のため、(コメントアウトしていますが、)
点灯の状態やボタンの状態を書き出しています。
$sudo vi ./raspberry_pi_led_emitting_2.py

実行します。
sudo ./raspberry_pi_led_emitting_2.py
関連
Raspberry Pi(13) 赤色LEDを点灯させる
Raspberry Pi(14) 青色LEDを点灯させる 概要
Raspberry Pi(15) 青色LEDを点灯させる 詳細
Raspberry Pi(16) LEDを点滅させる

written by gatamix

ラズパイ(15) 青色LEDを点灯させる 詳細

少し詳しく書きます。
今回使用した素子は、
LED(スタンレー製:UB3804X),
トランジスター:Tr(東芝製:2SC1815GR)を使用しました。
抵抗の設定をします。
Raspberry PI は1端子あたり16mAまでの制限あります。
そこでLEDに流す電流を10mAと決め近い値になるようにします。
R1を決める。
5(電源)-3.2(予想Vf)-0.25(VCEsat)=1.65[v]
*追記:予想VfはGaN系のバンドギャップより推測。VCEsatはデータシートより。
1.65/R1=10[mA]
R1=165Ω なので近い150Ωを使用しました。
R2を決める。
10[mA]=IB×200(hfe)
=0.05[mA]=50[μA]
三倍の余裕をとる。
50[μA]×3=150[μA]
3.3[V]-0.7(VBE)=2.6[V]
*追記:VBEはシリコン製でVB間のダイオードのVfの推測値。
2.6[V]/R2=150[uA]
R2≈17[kΩ]→15[kΩ]
赤色LED点灯時使用したプログラムでとりあえずテストしました。
テスターでLEDのVf、TrのVCEを測定したら、
それぞれ Vf=3.1[V],VCE=0.28[V]だったため、
ほぼ狙いどうりの電流がながれていると思います。
回路図は以下です。



関連
Raspberry Pi(13) 赤色LEDを点灯させる
Raspberry Pi(14) 青色LEDを点灯させる 概要
Raspberry Pi(16) LEDを点滅させる
Raspberry Pi(18) スイッチでLEDの点灯を制御する

written by gatamix

ラズパイ(14) 青色LEDを点灯させる 概要

前回は、赤色LEDを使って点灯しましたが、今回は、青色LEDを点灯します。
青色LEDはバンドギャップ(禁制帯幅)が大きい材料(GaN系)を使っているため、他のLEDよりVfが大きいです。
そのため、GPIOの出力する3.3Vではあまり電流を流すことができません。
そのため、Raspberry PI の5Vの出力ピンとトランジスタ(バイポーラトランジスター)を使ってOnとOffの制御をすることにします。
以下の点でトラブりました。
①青色LEDのアノード(+極)とカソード(ー極)の足の長さが一緒で送られてきた。
②トランジスターのピンを間違える。
③Python でのGPIO.cleanup()のエラー。
そして以下で解決しました。
①は、抵抗とLEDを5Vピンで直接点灯させました。
②エミッターとコレクターと思っていたところを5Vピンを仕替えとかしていたら、点灯したので仕様書を見直したら逆でした。
③RuntimeWarning No channels have been set up yet-nothing to clean up!
Try cleaning up at the end of your program instead!
とエラーが最後に実行を試みたらエラーがなくなった。
トランジスターを接続するだけなのにかなり手間取りました。
ブレッドボードの写真です。


関連
Raspberry Pi(13) 赤色LEDを点灯させる
Raspberry Pi(15) 青色LEDを点灯させる 詳細
Raspberry Pi(16) LEDを点滅させる
Raspberry Pi(18) スイッチでLEDの点灯を制御する

  

written by gatamix