matplotlib でフォントの比較

jupyter labを使って以下のグラフを書いて比較してみました。
コードはgithubの下記リンクのページにおきました。
ttcフォントも直接指定すれば使用できるようです。

  比較フォント一覧

Noto Sans CJK JP
Arial
times New Roman
ヒラギノ角ゴシック
ヒラギノ明朝
メイリオ
游ゴシック
游明朝

Mac
https://github.com/gatamix/py_mat_graph/blob/master/1_1gragh.ipynb
windows
https://github.com/gatamix/py_mat_graph/blob/master/1_2gragh.ipynb

参考まで。

written by gatamix

–スポンサーリンク–
お気に入り!! Classic!! 🎤🎤🎤🎤🎤
Illmatic / Nas

itunes

amazon

python-gantt でGantt chartをつくる

python-gantt でGantt chart(ガンチャート)をつくります。

  インストール

$pip install python-gantt
参照コードは下記のexample.pyです。

フォントや色を変えるといい感じになります。出力はsvgでされるため、ドローソフトでの加工もできます。

公式の方法では、ないと思いますが、メモ。
休日のデフォルトは土日になっています。この分が工数にカウントされないようになっています。
モジュールganttの中のgantt.py のdef define_not_worked_daysの上で定義されている
NOT_WORKED_DAYS = [5,6]
の値を変更することによって休日の変更ができます。
Unworked days (0: Monday … 6: Sunday)
7にすると休日がなくすことができた。

written by gatamix

お気に入り!! Classic!!
Operation: Doomsday /MF Doom

itunes

amazon

Julia を jupyter で使用する。

少し詰まったので、メモをします。
参考は以下のサイト。





概要:
細かい内容はリンク先を参照を。
環境Mac OS X 10.13.6 high sierra
jupyer notebook は pyenvでanacondaをインストールした際に導入済み。
❶を参考にbrew でjulia を導入した。
$ brew cask install julia
→だが参考にした方法ではjupyterに認識されなかった。
❷は近い導入環境だったので参考
Pkg.add(“IJulia”)がエラー
❸Githubのjuliaのページ
Pkg.add(“IJulia”)の前にimport Pkgが必要
再度❷
Pkg.add(“IJulia”)実行できた。
julia> using IJulia
julia> notebook()
condaでインストールするかyes or no
→実行

jupyer notebookが立ち上がった。
jupyer labでもjuliaの選択ができるようになっていた。

以上メモでした。m(_ _)m

written by gatamix

–スポンサーリンク–
Classic!! 🎤🎤🎤🎤🎤
The Marshall Mathers LP / eminem

itunes

amazon

Mac 再インストール

Mac のOSの再インストールしました。
記録のため、ブログに残します。
2018.9.28
環境
MacBook Air(13-inch, Early 2015) core i5 メモリー 8GB
OS: HIgh Sierra

症状:外付けCDドライブが認識しない。

①SMCリセット(起動時 左側の shift + control + option) pramリセット(起動時 command + option + P + R)では解決しなかった。
②他のwindows PCでCDドライブが使えた。
③上書きの再インストールでもだめだった。
④ディスクフォーマット後に新規インストール ⇨ Ok!! 

考察、③では、ドライバーなどは、更新されない??
ドライバーが問題だった?

他のPCで使えたので気づいたが、最初はCDドライブが壊れていたのかと思った。
ドライバーの修復方法がググったが、分からなかった。

MacでbootcampしたWindowsでプリントスクリーン

MAC でbootcamp からwindows を使う際にプリントスクリーンのボタンがないことに気づいた。
なのでメモします。
Print Screen :Fn+Shift+F11
アクティブウインドウ Fn+Shift+Option+F11

written by gatamix

Mac DIskをマウントする方法

KURO
DIskをマウントする方法のメモだよ。

  パーティションの一覧を呼ぶコマンド
$ diskutil list
  マウント情報の表示
$ mount

/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                 Apple_APFS Container disk1         180.0 GB   disk0s2
   3:       Microsoft Basic Data Share_File              9.9 GB     disk0s3
   4:                 Apple_Boot                         134.2 MB   disk0s4
   5:       Microsoft Basic Data BOOTCAMP                60.8 GB    disk0s5

/dev/disk1 (synthesized):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      APFS Container Scheme -                      +180.0 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
   1:                APFS Volume Macintosh HD            95.4 GB    disk1s1
   2:                APFS Volume Preboot                 20.2 MB    disk1s2
   3:                APFS Volume Recovery                509.8 MB   disk1s3
   4:                APFS Volume VM                      1.1 GB     disk1s4

  マウント
$ diskutil mount /dev/目的のIDENTIFIER

$ diskutil mount /dev/disk0s3

  アンマウント

$ diskutil unmount /dev/目的のIDENTIFIER

$ diskutil unmount /dev/disk0s3

  メモ linuxのマウント方法

HAI
Macの方法だけではなくlinux のマウント方法のリンクを参考に貼っておくね。

written by gatamix

Matplotlibの日本語フォントの追加

フォントを追加します。
Matplotlibは現在、ttcに対応していないため。ヒラギノやメイリオを使用することができません。
追記:対応しています。(2019.1.28)

数字と英語のみの場合は”times new roman” や “arial”でいいかもしれませんが、
日本語のフォントを使用できないので、NotoSans CJK jpを site-packagesのにある/matplotlib/mpl-data/fonts/ttf にダウンロードしてきた。NotoSansCJKjp-Regular.otfをいれます。
他のNotoSans CJK jpフォントを入れると太さがいまいちだったのでこのフォントだけいれました。
fontList.py3k.cacheを削除すると使用することができます。

windows Mac ともに同様に変更できます。

追記 Texでの数式の表示のフォントも以下のように変更できるようです。

plt.rcParams[“mathtext.fontset”] = ‘フォントタイプ’

“stix”
‘cm’
‘stixsans’
の三種類がとりあえず使用できるようです。

written by gatamix

Macにwindowsをインストールしてのメモ

KURO
BootCamp でMacにWindows 10をインストールしたよ

  準備物
  windows 10のライセンス(アマゾンでusbのパッケージ版を購入した。一日程度で到着。)
  マイクロソフトのサイトからwindows 10のISOイメージ

  実行手順
bootcampアシスタントを開く。
ソフトウェアドライバをダウンロード。
インストール windows 10のISOイメージ を選択。
パーテンションの容量を選択。
Windows10 のインストールがはじまる。
言語、キーボードの選択。
プロダクトキーの入力。
ライセンス条項の同意。
BOOTCAMPのパーティションを選択。
Windows→Boot Camp インストーラ起動。
再起動。

  起動設定
  OS選択画面を出す
起動時にoptionキーを押しながら起動。

  ディスクの選択や共有ディスクの作成
①Macを起動させて、システム環境設定内にある「起動ディスク」から任意のディスクを選択。
②Macからデータを共有するため、ディスクユーティリティからパーティーションを行い、データ共有用のディスクをつくる。

High SierraでファイルタイプがAPFS (Apple File System) の場合は、windows からはドライブが認識されないため起動ディスクの変更やデータの共有が難しい。

written by gatamix

psコマンドとkillコマンド

プログラムを間違ってるプロセスが終了しないままの場合があったので
killコマンドとpsコマンドのメモ。

  プログラムのプロセス番号を調べる。
$ps

$ps aux|grep プログラム名
で調べるのと探しやすいようです。
オプションについては、リンク参照願います。

  プロセス終了
$kill PSID

Killコマンドを間違えると大変。
$kill -l で利用できるシグナルの一覧が確認できる。
強制終了
$kill -9 PSID
これもオプションについては、リンク参照願います。

KURO
Killコマンドの使用は慎重に!!

written by gatamix

Latexitを導入する

2017/09/05
Macで数式を記述するために、latexitを使おうと思います。
手順などの整理です。
事前にtimemachine でバックアップを作成しておいてください。

MIKE
手順はOSのバージョンで変わるから注意だよ!!

  Ghostscriptのインストール
(homebrewを使っている場合のみ)
$brew install ghostscript

  MacTeXのインストール
mactex.pkgのパッケージをダウンロードしてインストールする。
Ghostscriptはインストールしない。

  以下参考リンク参照する
TeX Liveのアップデート
日本語フォントの設定
GUIアプリケーションの設定

  Latexitの設定の日本語設定
Latexit → 環境設定 → プログラム
設定を以下図のように変更した。


texwikiにあるように設定するとGhostscriptが存在しないとのメッセージとLatex it!のボタンが押せないので、brewでインストールしているからだと思う。
/usr/local/bin/gs のままにする。これで、一応動作できている状態です。

  参考サイト



追記 2018/01/18
OS をsierra → high sierra にアップデートしたら 日本語入力できなくなった。
high sierraで日本語フォントの名前が変更になったことが原因のもよう。
下記リンクに従い対応した。

追記 その2 2018/01/18
texのソースコードがutf-8でない場合の変更方法
nkfコマンドを使う。

追記 その3 2018/03/02
chemfigで分子構造図を出力することもできました。

KURO
TEXは組版処理システムで、論文などで使われているよ。
NIKE
数学者が作ったから、数式を記述するのが得意です。

 

written by gatamix