python-gantt でGantt chartをつくる

python-gantt でGantt chart(ガンチャート)をつくります。

  インストール

$pip install python-gantt
参照コードは下記のexample.pyです。

フォントや色を変えるといい感じになります。出力はsvgでされるため、ドローソフトでの加工もできます。

公式の方法では、ないと思いますが、メモ。
休日のデフォルトは土日になっています。この分が工数にカウントされないようになっています。
モジュールganttの中のgantt.py のdef define_not_worked_daysの上で定義されている
NOT_WORKED_DAYS = [5,6]
の値を変更することによって休日の変更ができます。
Unworked days (0: Monday … 6: Sunday)
7にすると休日がなくすことができた。

written by gatamix

お気に入り!! Classic!!
Operation: Doomsday /MF Doom

itunes

amazon

表みたいなグラフを書いてみる

前回のはいまいちだったので強引に作ってみました。使ったのは、pythonのmatplotlib,Graphic,Keynoteです。
まず、コードは以下。

表をテキストで強引に書きました。一応複数のリストにも対応できるように書いたつもりです。
できあがったグラフ。


SVGにしてGraphicで注目させる値の色を変えてみる。
そして,keynoteでそれっぽくするとこうなる。

written by gatamix

Mac のPython (anaconda3-5.2.0)にOpen CV とffmpegを入れ直した

表題の通りです。
環境pyenv anaconda3-5.2.0
python環境構築方法
$brew install pyenv
$brew install pyenv-virtualenv

pathを通す。
$vi ~/.bash_profile
PYENV_ROOT=~/.pyenv
export PATH=$PATH:$PYENV_ROOT/bin
eval “$(pyenv init -)”
eval “$(pyenv virtualenv-init -)”

.bash_profileの更新
$source ~/.bash_profile

$pyenv install anaconda3-5.2.0
$pyenv global anaconda3-5.2.0
再インストールしたので、モジュールも入れ直しです。

$pip install opencv-python
$pip install ffmpeg-python

written by gatamix